タグ:散歩 ( 25 ) タグの人気記事

貧乏の楽しみ

e0144237_0372038.jpg

ここ数日天気が暖かくなって、これで晴れると「今日はどこに行こ?」と迷ってしまう。

会社辞めてからほんとに森茉莉の貧乏贅沢のような貧乏だけど、広告を作る仕事も今のところわりと忙しくて、たいてい朝と夜遅い時間に仕事をし、午後は散歩したりカフェでのんびりしたり、泳いだりして過ごす。

交通費節約を兼ねて自転車が主な交通手段で、あまり遠くに行かないけど、近所で小さい楽しみをみつける。

家で朝から根詰めて仕事して、もう我慢の限界までフラストレーションがたまったときに、映画の日で安かったので、近所の古くてもうつぶれそうな映画館にふらっと映画を見に行った。

映画館の観客が私1人だったのは、怖いくらいだった。映画館で映画見ながらVと携帯で会話なんかできちゃったほど。でも映画から戻ったらすっかり気分がよくなって、また夜の仕事を順調にすすめられた。

最近の発見は、プラネタリウム。今のところにもう7年以上住んでるのに初めて先日知り行ってみた。プラネタリウムに歩いていける場所に住んだの初めてだよ!とVに言ったら、彼も初めてだそう。というかプラネタリウムそのものが初めてだそうだ。

ドームの中で明かりが消えて星がまたたくと、まるでほんとの夜空の下にいるみたい。また明日、別のプログラムを見に行こうかなと思う。

今は広告の仕事が趣味と言い切れないいっぽうで、かなり趣味に近くて楽しんでやっているのできづくとブログも書けてない。

家賃だけで食べて行くとすると、外食したら即赤字。ということは、厳密には家賃だけで食べて行けているとは言えない。まずはもっと大家業の発展のため活動すべきなのだけどけっこう忙しくってできてない。

家賃は食べるためで、その他フリーランスの仕事は旅行や外食のためと思うと、ますますやる気に満々になる。まあ熱中してほかのことができないのは、良し悪しかもしれない、少なくとも「真剣になりすぎない」自分のポリシーには反する(いつものことだけど)と反省。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-05-12 00:42 | hundreds of days off

空から、陸から

e0144237_1136551.jpg
誰の犬? Who’s dog is this?
リュックの中のビスケットあげたら? Give your biscuits in your rucksack.
イギリスの犬ってビスケット好きなの?あホントに食べた。
Do British dogs like biscuits? Oh it actually ate it!
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

ヨーロッパは最近、夏は異様に暑く冬は異様に寒いみたいだ。

日本からVの実家へ向かう飛行機から見たイギリスは、雪景色だった。

雪に覆われたイギリスは雪が地形を表すので、上がまっ平な丘からなっているとあらためて知った。

肌のキメの写真とか見ると、バッグの革の表面みたいに、ヒトの肌もこまかいシワが走っている。飛行機から見たイギリスの地形はちょっと肌の拡大写真を思わせた。日本だと山は三角形の頂があるところ、イギリスの丘にはそれがなくて、頂上はものすごく広くて平で、丘と丘のあいだの狭い谷間がシワっぽく見える。

Vの実家についてからは毎日ハイキングしている。というのも田舎はハイキングできる小道だらけなので、東西南北どの方向にも牧歌的な風景をどこまでも歩いていける。

それに私が到着した日以来毎日快晴で、気温も上昇し今日など暖房を一度もつけてない。

毎日歩いていたら、イギリスの丘というのは、相当アップダウンがあることに気づいた。きのうはVの実家のある丘を下って川縁の小道を歩いて、戻るときに来たのと別の丘を当てずっぽうに登ったら、その急なこと。雪が溶けてなかったらそのままスキー場になるだろうというほどの傾斜。

その丘を登りきると、はるか遠くまで見渡せる。

同じような丘が、あちこちに見える。

上りきって木もまばらな草地は、ほぼ360度の地平線。

これがつまり丘の頂上で、観光地でもなく、地方都市の間にある田舎の丘だから犬を連れて散歩する人もまばらで、ただ風だけが吹いているのだった。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-03-12 05:11 | SimpleLife/普段着の英語

お掃除してる、いい笑顔

この教会で(前回の記事のつづき)一番好きなのは、礼拝堂とカフェを結ぶ階段に飾ってある、この教会がイギリスで使われていた半世紀くらい前の写真。

教会の関係者かご近所さんが、みんなで教会を大掃除かリフォームしてる。神父さんもバケツを持ってみんな知った仲というふうな、いい笑顔だ。

塔とか、たぶん外観は当時のままなんだろう。イギリス時代の写真から、一般のイギリス教会についてのVの意見もあわせて推察するに、床は茶色の木だったのをまっ白い大理石に変えてある。壁もまっ白で中に入ると、わっとまっ白な世界。この白さ加減が、外観イギリス、中は地中海ヨーロッパっていう感じになっている。

さらには礼拝堂と40人くらいしか入らない。Vの家の近所でもどの教会もこの教会よりは大きかった気がする。こんな小さい教会見たことないと言ったら、Vは、(自分の育ったあたりにも)この規模の教会はあると言った。

カフェ内には、モデルじゃなくリアルにそこで結婚式を挙げたカップルの、(だから普通の人たち)教会内でのようすがビデオ放映されている。

年配の女性参列者はほぼ全員、黒っぽい着物。新郎新婦がペコペコお辞儀して入ってくるし、建物は折衷ヨーロッパでも、中の人びとは当然日本の伝統的しきたりに従ってる。
その後カフェに移っての新郎新婦が幸せそうな、披露宴の様子とかも映される。今の結婚式は、こういうふうなのがはやりなのね。

この教会では、Jポップのミュージッククリップも撮影されることがあるらしく、そのビデオもときどきカフェで放映されてる。

黒人のモデル男性と女性アーティストがからんだりとか、まるで外国で撮影したかのように見える。ビデオで写された外観では隣にあるホテルのビルが、必ず処理され消えてなくなっている。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-02-23 00:44 | hundreds of days off

煤けた石のまま

e0144237_0362248.jpg
自分たちの庭みたいに思っている公園のそば、川沿いにあるカフェは移築したイギリスの教会の地下にある。ヨーロッパの教会の地下って通常神父さんの墓場とかだけど、地下と言っても川に面する側が少し低くなってる面がガラス張りで、とても明るい。外の階段も移築したものらしく堂々としたものだ。踊り場には小さな可愛らしい噴水があった。

カフェなんだけどメインの用途は結婚式の披露宴会場なので、平日は披露宴打ち合わせのカップルとホテルの担当者くらいで、静か。Vの家の近くの角を曲がるごとにある教会みたい。

産業革命時代の工場の煙による石の煤け方まで、ソックリだそうだ。この教会は扉をいつも開け放しているので、好きなときに礼拝堂を見ることができる。日本に移築されるときにはこの教会、たぶんほとんど誰も行かなくなって放置されて、日本行きが決まったときは近所でさぞかしふしぎがられただろう。

川のまわりは建物がないぶん風景が広く、空も広く見え、昼間はとても明るい。歩いてる人の顔はのんびりして幸せそう。雨が降る季節で水が多ければ、せせらぎの音にやすらぐ。

夜は夜で、川下のほうならまわりの建物の明かりが川に映って美しいし、川上へ行けば明かりが少ないので野性的な暗闇や、雨上がりには植物のにおいが満ちて、とても遠くに来たみたいな気がする。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-02-21 00:34 | hundreds of days off

小さな「初めて」がいっぱい

e0144237_19373976.jpg
ずっとばたばたしていて、
また風邪ひいたり、税務署に行ったりであまり休めなかったので、
今日久々に休むことにした。

とはいえ仕事でブランディングに関係している会社を競合他社と比較するため、
その会社に顧客を装おって問い合わせしたりして。

これも仕事だとすれば半日働いたことになる。
でもどっちにしても必要な問い合わせだったので、やっぱり私用か。

朝と昼そういうことする合間に、
ヨーグルトにバナナを鉛筆でも削るように果物ナイフで薄切りしてのせ、
シリアルをふりかけ、
それからゆで卵にトーストと、
洋風の朝食。

今日初めてクレープを作った。

きっと「小麦粉バター卵牛乳」っていう感じで混ぜて焼くだけだろうって想像しつつ、いちおう検索してみる。

なんか仰々しい道具を用意しましょうというサイトは、面倒なのでパスして別のサイトでチェック。

材料は予想通りでも、卵の調理って思いの外難しいものだから、
火の強さだけは書かれた通り厳密に守って、あとは適当でもわりとうまくいった。

リンゴをよく煮てアップルパイの具みたいにアツアツにし、
バナナとアイスクリームもはさんで。

でもあのバターのにおいが部屋にしばらくこもるのはちょっとゲンナリ。
イギリス人たちが、カレーの料理後2時間くらい換気扇回したがった理由もわかる気がした。

それから私とVが毎週のように行く近場の公園
(林の丘の風景がイギリスの丘に似ているので勝手にEnglish Hillと呼んでいる)に、
これまた初めてひとりで行ってみた。

会社辞めて以来自転車で近所は行くのだけど、
この公園までの道がとくに広くて気持ちがいい。

べつにそれほどいい天気じゃなかったのに夕焼けの西の空がばら色に染まって、
富士山が最高。

これも初めて途中で見つけたほか弁の店でノリ弁買って、
富士山見ながらひとりでピクニック。
貧乏贅沢な午後になった。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-02-13 19:49 | hundreds of days off

おとぎ話の村と、大量生産品

e0144237_1323772.jpg
私とVはときどき、3時間かけてバーサとサムの家まで歩いて行く。Vの実家から、前回書いたようなイギリス中にあるというfoot path(小道)を通って行く。

道中はずっとのどかな林の中だけど、3時間も歩けば、各場所に物語のようにさまざまな展開があって、私もVもこの道を歩くのを、休暇ごとほんとうに楽しみにしている。(これに関しては少しずつ書いていきます。)

3時間歩いた後に pathをはずれてVの家からバーサの家へいくとき、古い石の家ばかりの、おとぎ話のような村を抜ける。バーサの家の庭へともつながる川にかかる、美しい石の橋を渡る。

それから川ぞいのバス通りを20分ほどいくとバーサの家がある。

バーサの家のあるあたりは、古い橋がある村よりはたぶん100年ぶん位新しい家が多く、それぞれの家には庭がある。

何年か前バーサから日本の私たちのところに電話があって、庭にサマーハウスを建てたと聞いたときは、見るのをとても楽しみにしてた。。(「いっつもたくさん」参照
子供の頃おばあちゃんが見せてくれた、庭にドイツ人が作ったと言うやっぱり6角形だったか8角形だったかの、立派そうな(ぼろぼろの写真だったからよくはわからなかった)サマーハウスを想像してたから。

でも次の休暇のときに実物を見たらガッカリして、「どうだった?気に入った?」とサムに聞かれたときは困ってしまった。

ぴかぴかのガラスの小屋が、まるで大量生産の安っぽい規格品で、とってつけたみたいに見えたのだ。バーサがサマーハウスを建てて以後初めて、このあたりのほとんど家の庭に、サマーハウスがあるのに気がついた。
バーサとサムもきっと、まわりの家にあるサマーハウスを見て、自分の庭にも、と思ったのかな?

でも数年たった今はサマーハウス自体が古びて、まわりの花や木とも家ともしっくりと調和してきたように見える。

Vの家からたどりつくと、バーサはいつも手作りのアップルパイやスコーンを焼いて、待っていてくれる。庭を通って、川のせせらぎの聞こえるサマーハウスまで、おやつとお決まりのa cup of teaを届けるために。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-11-23 01:34 | 世界の庭とごはん

ちゃんと会えた

e0144237_23171051.jpg
なんでイギリス人の夫婦は年取っても手をつなぐの?
Why do old British couples hold their hands?
街でおたがい、はぐれないためだよ。So they don’t lose each other in a town.
愛しあってるからじゃなくって?Not because they love each other?
それもあるかもね。That is one of the reasons.
「愛しあってる」って素直に言えないのも、イギリス人だから?You can’t say “We love each other.” because you British are too shy to say that?
そうだよ。Yes.
■上の文での「素直」の語にそのまま該当する英語はないように思いますが、日本語のニュアンスとして訳しました。
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


ときどき夢を見る。

旅が多いからか、知らない町を、1人で歩いてる夢。
自分がどこにいて、どこに向かってるのかわからない。
コトバも通じない。

向こうからVが歩いてくる。

ホッとする。

でもVのほうは私に気づいてない様子。

夢はいつも、Vと触れ合える距離に近づく前に、終わる。


1人で旅をするのが、以前ほんとに好きだった。

でも最近は、そうでもない。


私とVは休日ばらばらにでかけて、途中で待ち合わせる、ということがある。

Vは携帯を持ったことがない。
その日、吉祥寺で待ち合わせてた日、中央線が何かの事故で止まった。
私はそのとき、携帯を持ってなかった。

中央線では、それほど珍しくはないけど、3,4時間も。

吉祥寺駅から井の頭公園に行く道の、公園のちょっと手前に焼き鳥屋さんみたいな居酒屋があって、その隣にスタバがある。
いっぱいある吉祥寺のスタバの中でも、そこが一番公園の緑豊かな気配がある。
私たちはよくそこへ行く。

Vはその日そこで私をずっと待ってたという。

私は、待ち合わせた吉祥寺駅構内のスタバで待っていて、ときどき、待ち合わせした駅の中の場所へ見に行った。

結局、その日吉祥寺では会えなかった。


何度か、Vとリノベの仕上げするため、横浜の家で待ち合わせしたことがある。

家の鍵は私が持ってて、私が先に着いてなきゃいけなかった。
なのに、5分くらい遅れて着いた。

あわてて走ってったら、隣に住む奥さんが「あら今ご主人とすれちがったわよ、駅のほうへ歩いてったわ」と言う。

そのあたりは駅がたくさんあって、私は別の駅から向かってたので、会わなかったのだ。

Vが向かったと言う駅へ走ってったけど、姿が見えないので、途方にくれて家のほうへ戻ると、Vが向こうからこっちへやってくるのが見えた。

会った時、Vに言った。

「夢と違って、ちゃんと会えた」

Vは一瞬だけふしぎそうな顔をして、笑顔になった。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-09-23 23:17 | SimpleLife/普段着の英語

東京の、森のカフェ

e0144237_2154111.jpg
いつものところに、5時ね At 5 at the usual place.
階段の下だね At the bottom of the steps.
遅れないでね。Don’t be late.
遅れないよ。I won’t be late.
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


e0144237_21551862.jpg
もしかすると東京イチ、人気がある公園。
井の頭公園っておみやげもやのあふれる通りは観光地みたい。



公園の「そば」とかじゃなくって、「内」に最近2軒のカフェができた。
公園のカフェのまわりは木に囲まれて、しんと静か。

クレープのカフェと、アジアンカフェ、
どっちも森の中にある。

きのうは友達の誕生祝いで、クレープのカフェに行った。

大きな公園って、井の頭公園もそうだけど夕方以降に行くとまるで
別の場所に見える、人の姿もまばらな暗闇。

森と水しか見えない。

長細い池(英語ではこういう長細い池を、サーペンタイン池って言う。
Serpentineは「蛇の形」の意味)があって、橋がかかってる。

「カップルで乗ると別れる」という伝説のあるボートに乗らないまでも、
橋の上から池を眺めると、
森に囲まれた風景は遠い所に来たみたい。

きのう行った時にはかなり暗くなってて、
いつもと違う道から行ったせいで、少し迷う。

池の橋のあたりから右手に行って丘を上り、
細い車道の向こうに、カフェの明かりがぽつんと見えたときは、
山道で迷った後みたいにほっとする。

たぶん昔から公園内にある一軒家の外側にテラスと屋根を足して、
そこをカフェにした、という、ベーシックな作り。


e0144237_21591287.jpgでも、ただ塗っただけのうす緑色の剥げたペンキがいい味を出し、
不思議なくらいフランスの田舎風に見える。

クレープは、粒がそのままの木イチゴのジャムと、
チョコレートをチーズ削り器で削ってかけましたっていう感じの、
これまたシンプルなトッピング。



木イチゴとチョコって、クレープと相性がいい。
木イチゴのとんがった味を、卵とバターの味がふんわり包み込むよう。

<つづく>
(次回はカフェからさらに奥へ入った玉川上水のことなど書きます)

井の頭公園への行きかたはこちら→「井の頭公園」

[PR]
by nanaoyoshino | 2009-09-21 22:02 | SimpleLife/普段着の英語

あんまりいとおしくて

e0144237_23102719.jpg
オランダとは何かって、ずっとばかばかしくも壮大に考え続けてる。だって、イタリアに魅了され続けた私には、アメルスフォールトや、自転車で訪れたユトレヒトがまるでイタリアみたいなフンイキだったのがわりと衝撃だった。オランダとイタリア・・・あんまし結びついてなかった。ただずっと前書いた、イギリスでハウスシェアしてたオランダ人の性格は、イタリアっぽかった。

あんまりものごとに真剣すぎないっていうか、ものごとを婉曲に見ておもしろがってるんだけど、イギリス人のセンスオブユーモアとも違う、もっと軽い感じ。イギリス人のセンスオブユーモアって、イギリスにどっぷりつかたらないとたぶん理解できない、フクザツなものなんだけど、もっとストレートなのがオランダでは?

イギリス製ユーモアは真剣になりすぎて、辛くなって耐えられなくなって笑っちゃった、みたいな、大人のシニカルさを感じるんだな。でもオランダの軽さは明るくて人生を楽しもうっていう、前向きさのように感じた。

夢の町アメルスフォールト、それはその町が、あんまり美しくて、しかもその美しさが意識されておらず、地元民がのびのびと暮らしてるから。ほら、美人なんだけど、「私は美人です」っていう人って、鼻につくというかしらけるというか。でもすごい美人なのにちっともそれを意識してなくのびのびとして、三枚目の部分もある人なんかにあった日には、存在そのものがいとおしい。たとえていえばそんな感じ。

次回も夢の町アメルスフォールトのこと、もう少し書きます。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-05-03 23:11 | hundreds of days off

過去を振り返ること

e0144237_0132010.jpg
サラリーってつまり月給。月給もらって大体おんなじ人たちに囲まれて安定した日がなつかしい。それを拒否した時から、振り返ることはできない。いや過去を振り返ることはどんな時でも一瞬しかしたくない。それ以上振り返ることは哀しいから。たとえば以前の私の上司であった人、私がいた会社の創業者は、商売、ビジネスの秘訣とは顧客を感動させること(今ふうに言うと「サプライズ」)と教えてくれた。その人が知らないうちに亡くなってたことは悔しくても、後悔してもしょうがない。もちろん早く亡くなった人は、残った人によって、長く生きた人以上にたびたび思い返されるのは道理ではある。

毎日いろんな人に会う。会社でしか会わなかった人と、会社の外で会う。会社で会っても私語を話したことがない会社外の人にご挨拶に行って、意外な表情を発見する。会社をやめなかったら会わなかったいろんな人と、毎日のように会う。

これまでは通勤定期の圏内中心の行動範囲だったけど、自転車にひさびさに乗る。初めて買った6段ギアの自転車、とてもステキ!かなりの坂でもスイスイ。ふとももはちょっと痛いけど。

お金じゃなく時間を選択したんだと思う。自分がしたことの意味を色んな言葉に置き換えてみる。すこしずつ理解して慣れていく。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-02-20 00:14 | hundreds of days off