<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3回鐘が鳴ったら、、、

e0144237_1243781.jpg
「山田吉次様、78歳のご家族の方が、管理事務所にてお待ちです」“Mr Kichiji Yamada, please pick up your 78 years old family member at the administrative office.”
いまどきの迷子放送って、いろいろね。It seems there are various kinds of lost child announcement nowadays.
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


イギリスになくってさびしいってものは花火とお祭り。そういうとなぜか驚かれるけど、お祭りが大好きでけっこうあちこち見に行く。

まあ花火はね、雰囲気は違うけど、外国でも見ることはある。イギリスでも年末のテレビは除夜の鐘の変わりにロンドンの花火とか、たぶん結婚式、あと11月5日の(「ガイフォークスの夜」)って言われるハローウィンに似た年に1回の日。

でも日本のお祭りはイギリスではのぞめない!最近偶然行った川越祭りはそのお祭りの中でも、街の美しさと、観光化されすぎず地元らしさを残したふんいきで幻想的だった。

初めてきがついたけど、川越には本川越と川越と川越市と3つも駅があっていくつもの路線が川越にのりいれている。それだけきっと歴史的に交通の要所だったというか産業の基点だったのだろう。したがって私の住むところからは川越へ行くほうほうがいくつもある。

そのひとつは単線で私がときどき散歩に行く川を小さな橋で渡ってく。川ぞいに散歩に行ってもダイヤのすくない路線なので電車がじっさいに走ってるのを見ることはあまりないけど、静かに川の上にたたずむ小さな橋を見るたびに旅心が誘われる。

それで思いついていった日がたまたま川越祭りだった!で祭りのあいだじゅう心配したのが人が多すぎてVとはぐれてしまうこと。それからVとけんかすること。というのもこれまで2回いっしょに川越に観光に行って2回ともおおげんかして帰ってきたのだ。

ねえどうしてけんかしたんだっけ?ってなにごとも忘れやすい私が聞くと、Vによると同じ理由でつい先月くらいもけんかしたのだった。

その後けんかするのがいやで私は1人で川越に観光しに行き、もう何年も2人では川越は鬼門になってたのだ。

あとVは目的地と関係なく無秩序にあちこち歩くので、どこへ行っても必ずはぐれてしまう。
e0144237_138483.jpg


電車を降りて進んだら、交差点のすごい人ごみにまきこまれ、右にも左にも前にも後ろにも進めなくなった。そこから離れるのに相当な時間がかかり、人混みでは、はぐれないようにずっとしっかりお互いに手をつないでいた。

わたしはお祭りは好きだけど人ごみがにがて。その後は人けのないお寺や通りばかり歩いて、すれちがう山車や小さな地元の家族連れと出会うので満足していたが最後に「時の鐘」を見て帰ろうということになった。

鐘は鳴るのかしらとか言いながらパンフレットを見ていたらちょうど夕方6時になった。鐘が1回よけいに鳴ったら*参照(「トムは真夜中の庭で」 )みたいに、江戸時代にタイムスリップするかもよ!などと話しながら鐘の音を数えてから(6時なのに3回くらいで終わった、、、)駅に帰ろうとして、また人ごみにまきこまれた。

時の鐘のそばの交差点で、山車が3、4台にらみあう伝統行事が行われたのだ。目の前で山車をひくひとびとのちょうちんが大きくゆれ、おはやしの音とまわりの大勢の歓声しか聞こえない。豪奢な蔵の町並みに夕暮れて灯りがともって、なんだかものすごく遠いところに来たみたい。かたく手をつないではぐれもせずけんかもしなかったこの日のことは、もし日本のお祭りが見れなくなっても思い出すかも。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-28 01:26 | SimpleLife/普段着の英語

世界を手に入れてもまだ足りない(男と女と世界)

e0144237_1491068.jpg
その靴買うの? Are you going to buy those shoes?
うん。 Yes.
いくら? How much are they?
29,000yen
かわりに宝石を買ってくれるってのはどうかな。How about buying a jewel for me instead?
君は自立した現代の女性だったはずだよな!I thought you were an independent and modern woman!

■shoes 1足なら複数形で、いちいちa pair of shoesというほうが多い。
片方ならshoe で単数形。
■How about ○○ したらどう?は軽い提案で多用しすぎなければ、命令っぽくなくしてほしいことをお願いできる便利な表現。
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

Vはわたしのことを「ワールドイズノットイナフ」(世界を手に入れてもまだ足りない)ねって言うことがある。そう、007のいつかのシリーズのタイトル。主演はボンド役のピアース・ブロスナン以外に、ソフィーマルソーとロバートカーライル。ロバートカーライルはソフィーマルソーを誘拐するうち、恋愛関係になるという話。

誘拐犯と誘拐された女の恋愛って、じっさいにあったかどうか知らないけど、よく聞くような?そして、男には好きな女を連れ去りたいっていう気持ちもありそうだし、恋愛ってすこし誘拐に似てない?
たとえば、女の人は白馬に乗った王子様に連れ去られたいっていう夢があるんじゃない?。でもいったん連れ去られると、、、。

「女は男に限りなく要求し続ける」、というのがVの主張。私はいつもVに文句ばっかりつけて、どんなに与えても満足しない、って言うのだ。確かにいつも、「こうして」「ああして」と要求(文句?)を言っている。しまいには「女を甘やかすのは男の特権でしょ!」とも、、、。

私に限らず(ほんとか?)女の人っていっぱんにパートナーの男性に口やかましい気がする。でも「きっと期待に応えてくれる」と信頼感とともに伝えれば、でもってじっさい応えてくれたらちゃんと評価してあげたらば、男のひとはむしろ「彼女の要求に立派に応えることができる」自分に自信を感じてうれしそう!
だから女のひとは、どんどん男のひとに要求をすなおに言っていいと思う。(ハイ、私は自称悪妻です)

007の映画で大金持ちの美女を誘拐してその富も、美女も手に入れようとした男。いったん男と恋愛関係になると男以上に貪欲になり、自分が(というか彼女の親が)持っている富だけでなく世界を、それ以上をほしがった(世界=地球規模を超える富)女。

男が世界を与えてもなお女は満足しない。貪欲さから言えば男と女の世界では、女が上?(前回の記事のタイトルから、思いついて書きました!)
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-18 01:51 | SimpleLife/普段着の英語

世界は誰のモノ?

お金は国との契約書、みたいなことよく言われるけど、私は2つの国の間で暮らしていて、国って何?ってことは常にあたまのかたすみにある。

お金って英語でcurrencyとも言う。小さなお金じゃなく、大きなお金のこと。
currency の形容詞でもあるcurrent は「潮」の意味もあるし「今だけの」って意味もある。イメージはいつも変化している大きな流れみたいなものかな。

地球の上のすべての人はお金と無関係でいられない。その意味でみんなお金という「潮」の波に揺られているような気がする。

沖にのりださなければ、波の上での揺られ方は知らなくても生きていける。でも大胆にも潮の流れにのって沖へと漕ぎ出して潮の流れについてふつうよりすこし知っている人たちもいる。*

私は大家さん会みたいなのに所属しているので、月平均2回くらいセミナーに行っている。

セミナーで聞いた最近の名言①「土地の所有権借地権っていうけど、すべての土地が借地ですよ、誰のだと思います?国のですよ、だって税金って国に納める地代でしょ」

べつのセミナーで講演した、たくさん家を持っている大家さんによると、土地だけでなくすべての不動産は、「自分のものだ!」って買ったらふつうは思うだろうけど、じっさいには国の所有みたいに思われると書いてあった。これと同じ理由で。

セミナーで聞いた最近の名言②「お金で損しても感情的になってはだめ。得しても心に悪魔が住まうから要注意」なぜなら「幸せはいつも心の中にあるから」

セミナーで聞いた最近の名言③「お金とのつきあい方でたいせつなのは、お金よりも人をたいせつにすること」。

私は子供の頃お人形を親に買ってもらっても、お人形はほったらかして、お人形の家づくりをしていた記憶がある。お人形のきせかえより、四角いオルガンのイス倒して中に人形を置き「ここがお家」って決め家具をならべる家作りのほうがわくわくした。

なのにもう50年近く生きてきて自分の家を一軒も持ったことがないどころか、買ったぼろ家はそのまま人に貸してしまった。土地は借地で人のモノ。家は好きだけど、人形の家でも他人が住む家でもよくて、土地には興味ない。

人はほしいと思ったものしか得られない、って聞いたことがあるけど、ほんとうかもしれない。私は自由が好きで、家を人に貸して不安定なcurrencyという潮の流れに揺れながら、(無数にある)世界の一面を昨日よりすこしわかったかのように感じている。


*最近行った大家さん向けセミナーはパネルディスカッション中心で刺激的だった。「お金の哲学」みたいな基調講演もとても意味深長でよかったけれど、同じことをやってるようでそれぞれの人(投資家)の価値観も方法もまるで違うことをパネルディスカッションは教えてくれた。http://fudousantoushi-ec.com/festa2010/
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-11 11:53 | hundreds of days off

のんびりiPad

私はほとんど自宅で仕事するので、おもにカウチで
寝転がって書類をチェックしたり、ときには眺めのいいバルコニーに
イスとテーブルを出して、お昼ごはんを食べながらネット検索とか
近所のカフェや公園に自転車で行って芝生に座って仕事したり。

これまでは寝転がって使えるPCなどなかったが
アイパッド発売のずっと前からVが見ていた宣伝用ビデオを見せられ続けて、(Vはアップルが大好きで、アップル情報が早い)直感的にこれだ!と思いった。

私は旅好きでナショナルジオグラフィックが家にもたくさんあるが、
ビデオで、あ、これはナショジオくらいのサイズだ、と思い
実際手に取るとそのとおりだった。

ナショジオくらいなら、カウチに寝転がって十分眺められる。
バルコニーは2つあるのだが、街が一望できる丘の上で、すぐしたの桜の木に面した側はとても狭いので、小さなコーヒーテーブルしか置けないのだが、
アイパッドはこの小さなテーブルに、コーヒーやサンドイッチと一緒に
置けて、ちょうどいい大きさだ。

あとぜんぜん宣伝してないのが不思議だが、アイパッドには2年間マクドナルドなどのモバイルポイントで無料で無線LANのインターネット接続サービスが使える、というサービスがついている。

これを聞いたときはBBモバイルポイント(ソフトバンクが管轄する無線でネットをつなぐことができるカフェなどのこと)を申し込んで使用するつもりでたった2週間前に仕事用に別のモバイル用PCを購入したのを買ったのを大きく後悔した。というのも私はのんびりペースで仕事したいために、労働時間も少ない変わり収入も少ないのだ。だからアイパッドは買ったもののソフトバンクの通信プラン月3000~5000円もあきらめ、携帯のメールやウェブも極力使わずにケチっている。

でも基本的に移動型なため、家の中でだけ仕事するのはフラストレーションがたまる。今では近所に4か所もあるマクドナルドのうちもっとも接続がよく、客が少なく長居できるところに、2日に1日のペースで通いつめ、100円のドリンク1杯で半日くらい仕事していて大変はかどっている。取引先に電話したいときはテラス席だ。
アイパッドもちゃんと接続できるし。

ケースは今のところ100円ショップのB5版用パソコンケースがぴったりで愛用しているが、アップル純正は折りたたむとキーボードがうちやすいように傾斜が衝くのでいずれはそれを購入したいと思う。

不便なのはフラッシュを使ったサイトが真っ白になり見れないことしばしば、一般的な「はてなブックマーク」「ドロップボックス」などがアイパッド専用ヴァージョンのみ使用可で、それが面倒だったり使いづらかったり。タッチパネルはしょっちゅう思ってもいないところを触ってしまい見たくないサイトが現れる、などなど。

スケジュールやメモなど、デザインがすべて布や紙を再現するぬくもりのあるテキスチャーを表現していて、もともとアナログ人間なので気持ちが休まる。(アイフォンのアプリのデザインもほとんど同じに見える。)

Vによるとノートタイプと区別し、アイパッドみたいなのを英語ではスレートタイプというらしいのだが、スレートとはローマ人が記録に使っていた石かなにからしい。
タイプライターの発展型みたいなのと違って、やはりアイパッドのカタチはアナログだったのだね!
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-07 01:49 | hundreds of days off

旅する機械

e0144237_254125.jpg
今東京から書いています。私はまわりがほぼ全員なにかの携帯電話持って、人によっては何台も買い換えていたこの10年近く一度も自分では持たず、会社用のを持っても会社に電話かける以外で使わなかったので使用方法にも疎かった。

去年初めて自分で携帯を持ってまわりを驚かせた。買ったら本人の私が驚いた、だってこれこそいつも旅するようにmove(移動)している私向きのmobile(移動可能な)機械だったんだから!

今では携帯はいつも「携帯」して、目覚まし時計からメモ、スケジュール、カレンダー、もちろん電話にネットにメール、ボイスメモ、ボイスレコーダー、カメラ、タイマー、電卓に辞書、とこれ以上活用している人はいないのでは?というほどあらゆる機能を使いまくってる。

ヨーロッパ旅行中もすべての国で、電車や船の中からホテルに問い合わせしたり、これまでは考えられないほど便利に使いまくり。確か次世代機種が出る前だったため無料の機種だったのに、どの国でも問題なくつながったし、料金も無料通話分からさしひかれたので実質無料だった。

とくに、めんどくさがりで辞書を携帯したことなかったので英国で辞書機能は活用価値がある。
イギリス行って新聞読んだり雑誌読んだりテレビ見ても、知らない語彙はざくざくあるので、これまでは辞書はないままとばして読んでいた。最近はイギリスにいる間は携帯でしょっちゅうチェックしているので語彙も少しは増えた。

つくづくコミュニケーションの英語って、机に座って勉強する対象ではまったくない。どれだけ英語に触れるかっていう、体験の幅と数の勝負。

いちいちすべて辞書使ってたら触れるうち類推で覚える語彙の数が減るので、辞書ひきすぎないのは外国語習得上悪くないけど、やっぱり多少は辞書を使うほうがいい。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-01 02:57 | hundreds of days off