<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チェコに向かって

e0144237_19413094.jpg
ところで、とうとつですが今ベルリンで書いています。なぜベルリンにいるかというと、つまりはVの恒例の帰省につきあって英国へ行く途中の乗り継ぎ地点で数日観光したくなってしまい、ベルリンにまで来てしまった!というわけ。

ベルリンからチェコっていうのが数時間なんで、チェコまで行ってそれから英国へ、という予定になって、チェコの作家ということでカフカの薄い小説二冊をかばんに入れてきました。

時差ぼけもあって、毎晩「ベッドで開いたとたん眠ってるよ!」とはVの弁。それでまだまだ読み終わってないのに書くのもなんですが、またそういう読み方だからというのじゃないと思うのですが、カフカの小説って夢みたいでもあり旅のことみたいでもある。

ちょうどさっき読んだ短編「火夫」は、物語そのものが船でドイツからアメリカへ旅した若者の話でした。

アメリカに着いたとたん、忘れ物にきづいてキャビンに戻ると、荷物を預けた人がいなくなっていて荷物はなくすは、客がいなくなった大きな客船の中で迷って忘れ物もみつからず、船で働いていた火夫のキャビンにひきとめられて、船長らの会議の証人としてひっぱられるなど、わけのわからないこと、不条理なことがえんえんと続く。

たとえば私とVは昨日ベルリンに来るまで、電車に乗っていると思っていたらきづいたら船に乗っていた。これは夢みたいだけど、ほんとだったんです。はっときづいたら「さあ、降りるんだ!荷物はそのままおいていけ!」と言っている人がいて、しかたなく電車を降りたら、電車は鉄の上に他のたくさんの車といっしょくたになっており、鉄の壁との間の50cmくらいの隙間を荷物もなく手ぶら同然に突然歩かされ、しかもどこまでもその通路がえんえんと続く。

狭い階段にやっとたどりついて上ったとたん目の前に海が広がって、電車ことフェリーにのっかって移動というしくみだったのだと、ほっとしたかと思ったらもうあっちの陸(ドイツ)が見えて、そのとたんまわりの人がまた狭い階段に向かって走り出すので「もたもたしてたら荷物を置いたまま電車においてかれる!」と思うけど、階段を降りたとたん車、車の列で、列車なんて見えない。

車の間を悪夢のように走って探してようやく電車にのっても、間違った電車に乗ってしまったかもという不安をもぬぐいきれないまま、自分が乗ってた車両も覚えてないので乗ってから右のほうにいくべきか左にいくべきかわからないままようやく自分の荷物がある車両をみつけたはいいけれど、今度はいつのまにか席をほかの人に占領されて座る席がない。

その後Vが、北欧からベルリンまでの電車で、ユーロパスというものを見たことなかった車掌に聞かれて「これはチケットではないんですよ」と口走ったら車掌にいきなり「じゃあ100ユーロ今すぐここで払え!」と迫られVはお金を出すところだった。

極端な例、私がボランティアをしている人権団体の扱っていたイギリス人の例でも、友達の結婚式でイスラム教の国へ旅行した帰りテロリストとしてアメリカ軍に逮捕され、アメリカ人は英語を話すので説明すれば誤解は解けると思ったのに、何年間もテロリストとして扱われ拷問を受けた、というじっさいの話もある。

旅っていうのはいかに自分が知らなかった世界から成っていて、自分がその世界と接触が難しく、理解できないかを悟るプロセスでもある。

旅をしていない日常でも、自分とまわりの世界(他者を含む)は自分が理解していると思い込んでいただけで、じつはひとは孤立し隔絶しているのだ、とカフカは伝えてるように思える。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-07-31 08:37 | hundreds of days off

ひとりぼっちを選んで

先日のブログで書いた石川町のそばの家は、悩んだ末にとりあえず買わないことにした。理由は耐震性補強するのに限界がありそうとわかったから。

古い家を買って古い家の良さを残しながらリノベーションして人に貸したり自分で住むということが自分の性分に合ってると思ったこともあってこんな事業を始めたのだけど、耐震性というのはいつもネックになる。

建築の専門知識がある訳じゃないから、その家の耐震性について判断するのはほんとに難しい。専門家に何度もいろんな家を見てもらった。同じ家でもその人によって言うことがぜんぜん違うんだよね。

耐震性のことを考えると結局は、事業的に新しい家がいいんじゃないか、ということになってしまう。新築はとにかく人気があるし、リノベーションしても古い家は次々に悪いところが出て来てコストや手間がかかるので、新築並みのコストをかけて耐震性補強しても採算性がかなわない可能性があるから。

古い家を賃貸している事業家の本を読んでも、耐震性補強工事のことは触れられてない。事業家の人もきっと気になっている点ではあるはずだけど、採算が合わないからしてないのかもしれない。でも耐震性基準に達してないとわかっている家を人に貸すのはどうなの、という人もいれば、耐震性があるかどうか判断する基準自体のあいまいさを指摘する人もいて、どっちも間違ってないとしか思えない。

なんだってそうだけど、何もかもOKとか、誰でもかんたんに儲かる方法なんてないし、耐震性のことは、もっとも悩ましい。

この家を買うか迷ったので、耐震性にかかわらず、過去に買った関連の本をざっと読み直したり。中に「金持ち父さん・貧乏父さん」もあった。

じっさいこの本に影響されて私も会社辞めてこんな貸し家業を始めて約1年、初めはぜんぜんこの本に書かれたことをなぞっている実感はなかったな。

近頃でも希薄な気もしてたけど読み直したら、経験して初めて理解した箇所もあった。でたぶんそこに書かれたこと自体は、自営業者なら誰でも知ってることなのだ。

たんに帳簿つけて、自分で税金の計算をして払う。これだけのこと。それがまるで世界と自分との立ち位置が変わったかのように書かれているのがこの本だった。そしてこの本のことを批判する人には、もしかするとこの本を読めば必ず儲かると思った人も含まれるかもしれない。または世界観のことなんか興味がない人も。

税金のしくみって、人類の長い歴史をかけて作られたのだろうけれど、結局力がある人が作ったんだ、だから力のある人に有利に作られている。それだけのことでも経験して実感するのと、本で読むだけなのとは違うし、会計や税金のことを世界観のように書いた本はたぶん少なかった。

あと読み直してこの作者は父親が一生懸命働いて正義感の強い役人だったのに、そのことがかえってあだとなって自ら職をあきらめ金銭的にも苦しい晩年をおくらざるをえなかったということが、本を書いた動機となってる。

このことがもし真実なら作者は自分の父の体験を見て現在のような立場、会社員であることを捨てて、独立した投資家としての道を選んだとも言えるよね。

私も父親ではないけれど直属の上司とも言える人が、この作者の父のように、一生懸命働いた組織の一員で、そのためかえって人生をかけた仕事をあきらめ、病気になり亡くなった。

私にとっても、会社員であることをやめて自分で経理をチェックし税金を納めるということは、大げさに言えば1人ぼっちで、税金の運営を事業とするとも言える国家という組織や、国家の歴史を背景とするしくみと向きあうこととなんだな。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-07-31 07:01 | hundreds of days off

世界を旅するように町を歩くと

最近、ブログを更新していないのは、ある家がわりと気に入って、
毎日あれこれ調査の日々だったから。

家を何個も買うなんて、お金がある、と思うかもしれないけれど
家自体は長屋で借地で、資産価値はほぼゼロだから、家の価格というより高めのクルマ程度だ。
2個目になると1個目よりは、人から聞く話も予測範囲内になってくる。
気持ちにも余裕が少しある。それでも怖いけどね。

ふつう、不動産投資家というと「資産何億」とかが一種の典型的なコピー。
私の場合はいつまでも「資産ゼロ」。
家具だの電化製品だの、持ち物さえほとんど人からのもらいもので生活してるし。

だから、親からの遺産とかで実際に「不労所得」に近い所得の大家さんと違って
そんなに小声で大家業の話をする必要も感じない。
「持つ者」「持たざる者」と分かれるなら、相変わらず後者だと思う。

資産もゼロで切り詰めた生活をしている意味で、普通の貧乏人で、
ただ、働く時間が普通の人の1/3くらいで、
働く時間帯や場所は、自分で自由に決められる。

家は、横浜の石川町に近いので、今日家を見に行って、帰りに市場調査に中華街を歩いた。
電話帳だとたくさん不動産屋さんがあるはずで、相場をヒアリングするつもりだった。

ほぼ購入するつもりでガスの点検を東京ガスに依頼してたら2時間も来なくて
予定がずれこんだためヒアリングも予定より遅れ、夜になってしまった。

中華街を初めて1人でうろうろしたら、まるで迷路で、どこを歩いてるか
さっぱりわからない。

横浜の中華街って、こんなに大きかったんだね!
まるで外国を歩いているような感じがして、
日本語で道を聞くとときどき完璧な日本語で答えが返って来るのに
あれ?なんで日本語?って、違和感を感じるほど。

それに今さらきづくと、石川町って、中華街の反対側には、元西洋人居住地があるんだね。
すぐお隣の関内はお役所や銀行や古い商社が、海岸へまっすぐ続く大通りの両側に整然と並び、
私たちが買うるかもしれない家のあたりは、元娼婦街の経営者かなにか?
(そういう過去があるから格安。でも今は横浜市の芸術活動推進エリアだとか・・・)
派手なシャツの70歳くらいの不思議な男性たちが朦朧と歩いてる。

会社やめてから、日常が旅のような感じがする。

横浜は、ひとつの町にいろんな顔があって、
町を歩くだけで世界を旅するよう。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-07-06 02:18 | hundreds of days off