イギリスの小さな庭

e0144237_155515.jpg
「イギリスはガーデニングがさかん」と初めて聞いたときは「庭ってどこ?」って思ってビックリした。 イギリスは左右が隣とつながったテラスハウスが多くて、たいていのテラスハウスには、猫の額ていどの庭しかない。 私が当時住んでいた家も近所の学生用下宿(シェアハウスという方が近い)も 同じようなテラスハウスで、ゴミが放置された小さなスペースを誰も手入れしてなかった。

Vの実家もテラスハウスで庭と呼べるスペースはごくわずか。でもそのわずかなスペースに、夏は木が青々とし、ラベンダーやマーガレットなど色とりどりの花が咲き、鳥の巣箱がかわいらしく花畑の中に収まっている。

「誰が世話してるの?」と聞いたら、「うちの庭じゃないよ」だって。
「ここの庭のように見えるけど」と言ったら、隣の庭との境には塀も何もないので、木の葉も花も境界から脇へ顔を覗かせて、ごくわずかなスペースに堂々とはみ出しているためそう見えるのだそう。 隣の男性が、庭いじりが好きらしい。

Vのお姉さんのバーサのだんなさんのサムはVの親戚で唯一、ガーデニング愛好家。ちょっと郊外で、一軒を2世帯で住むタイプの家の庭は、びっくりするほど広いわけではないにしても、1人で世話してるならそれは大変だろうと想像つく。

よいガーデナーのことを、「緑の指を持っている」と英語で言うと日本の雑誌に書いてあって、バーサに「彼は緑の指を持ってる?」と聞いた。
「そうねえ!持ってるかもしれないわねえ!」

バーサは冬雪が珍しいほど積もると、クリスマスカードの絵のような写真を撮って送ってくる。サムは繁殖しすぎて庭を荒らすリスには罠を仕掛け、鳥には巣箱を設けそういうことがバーサや近所の人と自然に話題になっている。

春夏は色とりどりの花が咲くのをサムは、"Beautiful,are't they?"(きれいだろ?)の一言でいつも表現する。言葉の抑揚だけにその時々の気持ちを込めているみたいに。

サムは細長く傾斜する庭の一番低いところにある川岸にデッキとガラスのサマーハウスを設けて、天気の良い日はサマーハウスでバーサとお茶を飲みながら新聞を読む。天気が荒れるとメンテナンスを心配している。

もっと天気の良い日は、ガレージから椅子とテーブルを出してきて、庭で食事する。 彼が庭でハーブなど「スーパーで買うと高い」という食材を育てたのをバーサが料理し食べる。

「庭作りの何が好きなの?」と彼に聞いたら「自分の作品みたいなもんで、どうにでもいじれることかな」

ふーん。彼にとっての庭は、面倒でも楽しい、バーサにとっての料理みたいなものかも。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-09-23 01:55 | 世界の庭とごはん
<< 旅する機械 野生のトラを探して >>