ただまっすぐ行けば

e0144237_0223688.jpg
私とVはVの実家に行くたび、ほんの5分くらいの距離にある墓地に行く。そこにはVのお母さんやほかの親戚のお墓がある。

変な夢かもしれないけど、この墓地にVと一緒に葬られるのがいいな。
死んでしまったらどうなるかわからないので念を押すため何回かそう言ったら、Vはそういう陰気なことばっかり言うなって言う。
でも何回も言ってるからきっと覚えててくれるだろう。

イギリスで住んでいた家のそばにも墓地があった。ヴィクトリア時代ふうの、大きくて凝った門が遠くからでも目について、行ったことがある。ロンドンでは有名な作家とかのお墓がある墓地が観光地になってて、そこにも一度だけ行った。

あそれから、1000年前のお城の廃墟として観光地になってる海辺の場所の一部も墓地で、そこでは数世紀も前の墓石が、潮に吹かれて表面がケロイド状になっている。

イギリスで行ったことのある墓地って言ったらそのくらい。
どの墓地もひっそりとして人が少なく木や芝生やらがあって公園みたい。ケルト独特の繊細な幾何学模様のある十字架や、テーブルのような形のお墓や、日本のお墓とそっくりな小さな石のお墓。Vのお母さんのがそれ。

私がVの実家そばの墓地が好きな理由のひとつは、墓地は昔鉄道が通っていて今は散歩道にした道の脇にあって、その小道="walk"が大好きだからでもある。小道は私だけじゃなくVも大好きだ。

小道と言っても実際に鉄道だった頃は、Vの実家のある元炭鉱街から、そのルートで世界中に炭鉱や鉄鋼を輸出していた。だから距離としては何十キロもあって、今でもその道をただまっすぐ行けば海に出る。

今はところどころ、駅のプラットホームの面影を残しながらも、サイクリングや乗馬も楽しめる、林の中の散歩道になっている。(イギリスは今でも馬を飼っている人がたまにいる。厩まで持っている人は、お金持ちの印象)

Vの姉のバーサのだんなさんはサイクリングが趣味で、"walk"を半日くらいかけて海まで行き、いつもの海辺のレストランに車で行って待っている私たちに合流する。

海辺のレストランは、Vのもうひとりのお姉さんの家の近くにある。そしてバーサの家もこの"walk"をVの実家から7マイル(約10キロ)行った先にある。

以前私はレストランがある川の河口にある1000年前の廃墟の城から海を見ながら、日本は遠いなあ、ってよく思った。

Vの実家、お母さん、バーサの家、お城のそばに住むもうひとりのお姉さん、そして海から先の私。こじつければ、この"walk"沿いに全員がいる。

イギリスは平坦な場所も多いけど、丘も多い。その丘の尾根のようなところを通るこの"walk"はほとんど起伏がない。

だから何マイル歩いても、ずっと、とても見晴らしがいい。バスで丘の下の道を行けば20分。私とVは"walk"をいつも、約3時間歩いてバーサの家に行く。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-06-26 00:53 | 世界の庭とごはん
<< 世界を旅するように町を歩くと 魔法のクッション >>