水の上でピアノを

e0144237_11243670.jpg
イギリスで一番きれいだと思うとこは?Where do you think the most beautiful place in Britain?
バーサのところ!Bertha’s place!

■place「ところ」もっとも漠然と場所を示す。Town「町」 city「街、市」イギリスではキリスト教のカテドラルがある町。 Area 「区域」「地域」
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

セミリタイアしてから月2のペースで国内外を旅行する、Vの姉のバーサとその夫サム。ケンブリッジに行くつもり、とVが言ったら、いつも見ているネットのサイトから、オススメのホテルを教えてくれた。

結局もたもたしている間にそのホテルはいっぱいになってしまい、ただバーサは私たちのために検索するうち、自分たちも泊まりたくなってしまったらしく、彼らのほうがずっと早く勝手に自分たちの予約をした。Vと私は別のホテルに泊まることになったものの、出発前日になって同じ日に行くことがわかり、「そんなら」と、サムの運転する車に便乗することになった。

ケンブリッジまでの高速道路で、私はバーサに「イギリスで一番きれいな町はどこ」と聞いた。なぜってバーサとサムはイギリス中行ってるから。そしてら「ストラスフォード」だって。ストラスフォードは行ったことないけど、シェイクスピアで有名な町だ。ストラスフォードの正式名称は「ストラスフォード・アポン・エイボン」つまりエイボン川の上にあるストラスフォード。

イギリスには、この「アポン~川」と名のつく町がときどきある。

もし私が「イギリスで一番きれいなところは」と聞かれたら、バーサのところだと答えるだろう。
バーサにそう言ったら、「どこがすきなの」と言うので、「家と庭、ホスピタリティ、イギリスで一番暖かい心」と答えたら、バーサは黙って、不思議そうだった。

イギリスで好きな風景には川があることが多い、って前回書いたけど、考えたら バーサの家の庭にも川が流れている!川が流れる庭を持っている人なんて、イギリスでもそう多くないと思うけど。

ケンブリッジではその後一度だけ彼らと夕飯を一緒に食べに行った。でもあとは、あいまいに別行動ながら、携帯でときどき電話はする。こういうべったりしない関係、私は好きだな。

Vとケンブリッジの川ぞいを歩いていたら、こじゃれたキャビンつきボートが並んでいる。デッキに薪が積んであったり、洗濯物が干してあったり。野菜がころがってたり。

Vによると、ボートの中に人が住んでるそうだ。

手紙はどうやって受け取るんだろう?電気は?水は?
と聞いても、Vは何も知らない。

「どういう職業の人なのかな?」
「ふつうの人たちだと思うよ。ボートの中で仕事できる自営業の人もいるかもしれないけど」
「旅が好きで舟に住んでるんだろうから、そのまま旅に行くの」
「月に一回とかなら、行くのかもしれないね」

Vによると、イギリスでもごく一部の人ではあるけれど、もともと運河で物を運ぶなどしていて船に住みついたまま移動していたのが、家としてそのまま住み続ける人が生まれたきっかけじゃないか、と言う。

ロンドンの運河にもこういうボートがたくさんあったのを思い出して、ネットで検索したら、冬は住まなかったり、夏だけ借りて住む人も多いらしい。

舟を貸してもうける、なんていうサイトまであった。それによると、ハウスボートには一人か二人で操作するには大きすぎる舟も多く、必ずしもそのまま旅行しやすくないらしい。

日本では舟に住むなんて聞いたことないけど、イギリス南部の地形は山がほとんどなく、起伏と行っても丘ていどなので、川も日本よりおだやかに流れる。

ケンブリッジでもまるで流れてないかのような静けさだ。だからよほどの天候でないかぎり、船酔いとか浸水とかもないんだろう。

What’s life like on a houseboatと検索したら出てきたブログ。オーストラリア人の写真家が、アムステルダムで舟を借りて住んでいる。

*( What’s life like on a houseboat 

ピアノが好きな人みたい。雨の日にピアノをハウスボートでひいたら、という録音がここで聞ける。

*(*ピアノと雨音 

どこの国でも人生はまわる輪や、漂う流れに例えられることが多い。
舟の上の暮らしは、まさに漂う人生そのものみたい。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-03-29 10:50 | SimpleLife/普段着の英語
<< 仏教の若いお坊さんによると・・・ イギリスで一番美しい街 >>