人気ブログランキング |

こういう暴挙に出る旅行者はたぶん少ないのだけど

e0144237_1363377.jpg
キャンディー屋のおばあさんの笑顔とオランダ語の素朴なひびきに、一刻も早くオランダに戻りたくなっちゃった。世界遺産には懲りたから、勇気を出してぜんぜん聞いたことのない駅(アメルスフォールト*)で下りてみる。こういう暴挙に出る旅行者はたぶん少ないのだけど、とりあえず下りる前に向かいに座ってた感じのいい女性に聞いた。
「次の駅はホテルがある町ですか」
(実はこれは念のため2回目の質問。電車がトラブルで止まったとき、調整してた駅のおっさんに同じ質問をした。おっさんは「きっとあるよ」って答えてくれた)
女性はけっこう駅から遠いのに、観光案内所まで連れてってくれた。
「観光地だったの?」
観光案内所があることにまず驚く。

渡された地図を見ると、ヨーロッパに典型的な美しい城塞都市のフンイキ。(この地図にも主要な建物の絵が、描いてある)

こういう古い町はふつう、中心が駅から少し離れてる。歩いってったら、想像以上に完璧な中世のままの街。

観光案内所の人がおすすめしてくれた民宿は、この町でもっとも古い「グロンマルクト」(野菜市場の意味)とか言う広場にあった。ここは町の中心の、一番大きな広場「ホフ」(庭の意味)に隣り合う、町で最も古い広場だという。

ホフのグロンマルクトと反対側の広場、以上3つの広場にはまず、一日中人がなんやかや集まってるのだけど、週末だったせいか、夜9時頃から人声が増え11時頃から飲んで騒ぐ若者やおじさんたちの叫び声が3時頃まで、まったく止まず。それがよーやく収まったと思ったら、早朝4時頃私の部屋のま向かいにあるシント=ヨリス教会との細い通りで、巨大なゴミ箱のまわりが騒然としてきた。

トラックが作業する機械の音、どったんばったん路上のものを動かす音、何やら指示しあう叫び声、車のエンジンの音。しばらくの間そのゴミ処理トラックが作業をしてるらしいな、って半分眠りつつ思う。

その騒音もやっと終わった朝7時頃、雷のような轟音に今度は完全に目が覚めた。とブラインドを開けて広場を眺めるとなんと60台くらいのバイクに乗った黒い革ジャンのおっさんたちが、いっせいにエンジンをふかしてる。一番前でバイク男たち全員に怒鳴っている男がいる。彼の叫ぶのにあわせて、他の連中がおう!っていちいちシュプレヒコールをあげてる。予定の行動らしく、まわりを警察が取り囲んで警備もしっかり。

このバイク集会がなんだったのかは、最後までわからなかったけど、私が静かな眠りについたのは集会が終わった朝8時以降だった。アメルスフォールトの広場では、いつも何かが起こっている。


*Amersfoort アムステルダムから電車で1時間。この名のつく駅は3つあるけれど、そのうち初めの駅から徒歩5分くらいのところに観光案内所が。
by nanaoyoshino | 2009-05-01 01:44 | hundreds of days off
<< あんまりいとおしくて イギリスはおいしいか?<2> >>