意外に群れるラテン系

e0144237_22535279.jpg

「バックパッカーはラテン系にはいない」と聞いたけど、なるほどバックパックの人は、北欧系や英語圏の人に多かった気がする。10年位前貧乏旅行した頃は、ギリシャの公園で寝てるバックパッカー、トルコで切り詰めた旅行をする数人の若い旅行者をよく見た。

オランダベルギーで見たラテン系の集団旅行者はスーツケースがほとんど。朝部屋を出ると、チェックアウトでフロントの前は、大混乱の最中だった。何十人もがスーツケースを引きずって立ちふさがり、前に進むこともできない。

朝ごはんに食堂に行くと、ほとんどが10人前後の大学生くらいの集団で来てる人たち。フランス語が大半だけどイタリア語とスペイン語もちらほら聞こえてくる。ドイツ語や英語はまったく聞かない。

世界中ユースホステルって年齢は広いので私のような年代も珍しくはないけど、ことオランダベルギーでは、20歳くらいが多かった。まるで修学旅行に紛れ込んだような騒々しさなのだった。

フランス人の友達に昔「日本人は群れるのが好き」と、さんざんバカにしたみたいに言われたことがあった。(イタリア人やスペイン人にもしょっちゅう指摘されたけど、この人たちにはバカにされたとは、なぜか感じないのだ)だけど、ラテン系ヨーロッパの人たちも群れるのがこんなに好きだったのね。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-04-07 22:58 | hundreds of days off
<< オランダ・ベルギーのデザインは... アムステルダム:ユースホステル... >>