タグ:英会話 ( 43 ) タグの人気記事

どこにもない平凡

e0144237_3233526.jpg


What about taking a walk to the port?
港まで散歩しようか?
You mean by that bloody bus?
あのばかげたバスで行くの?
(笑)Laugh
あ、私イギリス人みたいな言葉遣いした。
Did I speak like British?

「ばかげた」をイギリス英語では"bloody "と表現することが多い。
あんまり上品な英語とは言えないので仲のいい間柄だけで使うこと。
アメリカ人との会話でこういう語を使うと苦笑いして「イギリス英語」だと指摘される。
普段着の英語ピックアップ----------------


前々回若い友達が書いてくれたコメントで結婚相手についての自分の10代の頃のイメージを思い出した。

10代の頃自分の結婚相手はどんな人だろう、って考えただけで胸がつぶれそうに期待と不安を感じた甘酸っぱい気持ち。

今覚えているのは、当時なんとなく、
相手は
まるで遠い世界の人のような自分の想像をはるかに超える存在か、
そうでなきゃ
世間のどこにでもいる平凡そのものの男性、
どちらかなんじゃないかと思った。

まさか1人の人間が両方兼ねる、ということは想定してなかった。

今日たまたま横浜に行ったら、結婚式場のショウウインドウにロマンティックなウェデェングドレス。

ウェディングは女の人生のクライマックスだと思う。あんなドレスきてウェディングしたかったな、、、だんながしたくないと言うのであきらめてなんにもしなかった。

「あんたは私の王子様かしら?白馬に乗ってやってきたのね」って冗談で聞いた。

その冗談の発端は白馬か知らないが子どもの頃近所で馬に乗ってたという話を聞いたから、自分のじゃなく牧場で貸し馬を借りてだが。

反応は秘密にしておこう。
[PR]
by nanaoyoshino | 2012-05-31 04:07 | SimpleLife/普段着の英語

世界を手に入れてもまだ足りない(男と女と世界)

e0144237_1491068.jpg
その靴買うの? Are you going to buy those shoes?
うん。 Yes.
いくら? How much are they?
29,000yen
かわりに宝石を買ってくれるってのはどうかな。How about buying a jewel for me instead?
君は自立した現代の女性だったはずだよな!I thought you were an independent and modern woman!

■shoes 1足なら複数形で、いちいちa pair of shoesというほうが多い。
片方ならshoe で単数形。
■How about ○○ したらどう?は軽い提案で多用しすぎなければ、命令っぽくなくしてほしいことをお願いできる便利な表現。
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

Vはわたしのことを「ワールドイズノットイナフ」(世界を手に入れてもまだ足りない)ねって言うことがある。そう、007のいつかのシリーズのタイトル。主演はボンド役のピアース・ブロスナン以外に、ソフィーマルソーとロバートカーライル。ロバートカーライルはソフィーマルソーを誘拐するうち、恋愛関係になるという話。

誘拐犯と誘拐された女の恋愛って、じっさいにあったかどうか知らないけど、よく聞くような?そして、男には好きな女を連れ去りたいっていう気持ちもありそうだし、恋愛ってすこし誘拐に似てない?
たとえば、女の人は白馬に乗った王子様に連れ去られたいっていう夢があるんじゃない?。でもいったん連れ去られると、、、。

「女は男に限りなく要求し続ける」、というのがVの主張。私はいつもVに文句ばっかりつけて、どんなに与えても満足しない、って言うのだ。確かにいつも、「こうして」「ああして」と要求(文句?)を言っている。しまいには「女を甘やかすのは男の特権でしょ!」とも、、、。

私に限らず(ほんとか?)女の人っていっぱんにパートナーの男性に口やかましい気がする。でも「きっと期待に応えてくれる」と信頼感とともに伝えれば、でもってじっさい応えてくれたらちゃんと評価してあげたらば、男のひとはむしろ「彼女の要求に立派に応えることができる」自分に自信を感じてうれしそう!
だから女のひとは、どんどん男のひとに要求をすなおに言っていいと思う。(ハイ、私は自称悪妻です)

007の映画で大金持ちの美女を誘拐してその富も、美女も手に入れようとした男。いったん男と恋愛関係になると男以上に貪欲になり、自分が(というか彼女の親が)持っている富だけでなく世界を、それ以上をほしがった(世界=地球規模を超える富)女。

男が世界を与えてもなお女は満足しない。貪欲さから言えば男と女の世界では、女が上?(前回の記事のタイトルから、思いついて書きました!)
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-18 01:51 | SimpleLife/普段着の英語

旅する機械

e0144237_254125.jpg
今東京から書いています。私はまわりがほぼ全員なにかの携帯電話持って、人によっては何台も買い換えていたこの10年近く一度も自分では持たず、会社用のを持っても会社に電話かける以外で使わなかったので使用方法にも疎かった。

去年初めて自分で携帯を持ってまわりを驚かせた。買ったら本人の私が驚いた、だってこれこそいつも旅するようにmove(移動)している私向きのmobile(移動可能な)機械だったんだから!

今では携帯はいつも「携帯」して、目覚まし時計からメモ、スケジュール、カレンダー、もちろん電話にネットにメール、ボイスメモ、ボイスレコーダー、カメラ、タイマー、電卓に辞書、とこれ以上活用している人はいないのでは?というほどあらゆる機能を使いまくってる。

ヨーロッパ旅行中もすべての国で、電車や船の中からホテルに問い合わせしたり、これまでは考えられないほど便利に使いまくり。確か次世代機種が出る前だったため無料の機種だったのに、どの国でも問題なくつながったし、料金も無料通話分からさしひかれたので実質無料だった。

とくに、めんどくさがりで辞書を携帯したことなかったので英国で辞書機能は活用価値がある。
イギリス行って新聞読んだり雑誌読んだりテレビ見ても、知らない語彙はざくざくあるので、これまでは辞書はないままとばして読んでいた。最近はイギリスにいる間は携帯でしょっちゅうチェックしているので語彙も少しは増えた。

つくづくコミュニケーションの英語って、机に座って勉強する対象ではまったくない。どれだけ英語に触れるかっていう、体験の幅と数の勝負。

いちいちすべて辞書使ってたら触れるうち類推で覚える語彙の数が減るので、辞書ひきすぎないのは外国語習得上悪くないけど、やっぱり多少は辞書を使うほうがいい。
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-10-01 02:57 | hundreds of days off

「無」という漢字

e0144237_2384474.jpg
ほら!お風呂にテントウムシがいた。Look at this! I found a ladybird in the bathroom.
(テントウムシ)生きてるの? Is it alive?
- 窓を開けて飛び立たせて Letting it out from the window - 
よい日を!Have a nice day!
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

ずっと前、アイルランドの女性が、「無」という漢字を見て、意味を聞いてきた。

仏教では(その語が使われている文脈に関連して、私はとくに仏教徒というのではないですが、うろおぼえで)「無」というのは必ずしも悪いことではなく、むしろ到達すべき境地は頭の中を無にすることだったと思いますよ、と言ったら相当ショックを受けていた。

ヨーロッパでは、無ということは、それほど好ましくない状態なの?!

私が前回書いた「考えない練習」の話をVにしたら、この本のタイトル言っただけで「なんだそれ!」っぽい反応だった。

で、Vが思い出した。
「人生の目的と意味を考えるて生きれば、人はしあわせに生きることができる、って
最近、このようにイギリスの哲学者が唱えている番組があった」

ヨーロッパって、ほら、「我思うゆえに我あり」とか「考える葦?」ですか?
そういうこと言ったの、デカルト?あれはフランス人?
自我・理性・考えることなどが、動物と人間を分ける境目、とされているからか、
「考えない練習」という発想がもう、ありえないみたい。

理性は英語でreason で reasonは理由という意味でもあるから、論理を、感性より重んじているのかな。

いえね、考えることが悪いわけじゃなくって、
考えてばっかりいることが、人生を厳しいものにしていると、、、

それに人間だって動物の一種でしょう。もちろんこのことは、ヨーロッパの人だっていやいやながらも認める。
キリスト教と仏教の世界観の違いとも関係あるのかも。

などといろいろ言ってもVは、なんだか宇宙人と話してるみたいな、またはいかにも重要じゃない話を聞いてる、っていうような顔つき。

で、Vの不眠はどうやって解決するのかな?
[PR]
by nanaoyoshino | 2010-04-26 02:47 | SimpleLife/普段着の英語

反面教師

e0144237_2321997.jpg
子供の頃、友達がボールを隣の人の庭に落としたら怒って返してくれなかった。
When I was just a kid, my friend’s ball went to his neighbor’s garden. The man got furious and didn’t get us the ball back.
日本では大人は子供にもっとやさしいよ。ちゃんとボールくらい返してくれるよ。
In Japan adults are nicer to kids. They would just return the ball to us.
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


自分の非は認めない卑怯さ、
ご都合主義のいい加減さ、残酷さ、傲慢さ、権威主義、見栄。

中学のとき、先生はどちらかというと反面教師だった。

先生は尊敬すべきものと教わっていただけに、失望が激しかった。
私は年配者には反抗的で頑固な子供だったんだ。

好きだった先生(高校)は、どっちか言うと研究肌の人。

ぜんぜん受験や試験のノウハウではなく、教科書もたぶん意識せず。

きがつくと教科書など忘れて、自分の好きな作品を賛美する、といった。
そういう先生の話を聞いてると、堪能ぶりでさえ、ただおもしろかった。

学校を受験のノウハウを教える場所と思いたい教師も生徒、親もいるだろう。
でも私には、それは塾や予備校ですることに思えた。

「私のクラスは有名校進学有数」と授業で繰り返し訴えながら
受験のノウハウを教える先生には、生徒や親へ媚び、自分の見栄が見え隠れした。

家庭教師のような小規模な塾で、習ってたことがある。
先生が、ひたすら私たちに練習問題を解かせるという方式だった。

この先生から教わったことは、深い内容などではなく、
自発的に教科書を読みこんで問題を解くとか、語学はもっぱら暗記するとか、
「習うより慣れろ」的な姿勢だった。

そもそも学外の教師だ。説明して教えられるより、はるかにスキルは身についた。
自分で問題に取り組み考えるきっかけになった。

初めてのネイティブの英語の先生(大学)は、まるでVの、生徒をいじめるのが趣味のような先生だった。
体罰こそしなかったけど、私は「How are you?」というフレーズを繰り返し言わされ、ただそのフレーズの発音がよろしくないと言う理由で「You are hopeless.(おまえは見込みがない)」と、クラス全員の前でたびたび絶叫された。

高飛車で意地悪そのものの感じが、イギリス映画で見る先生や、Vの描写するイギリスの先生たち(一人の例外を除いて)とそっくり。

おそらくイギリス人の先生だったのだろう。英文のピリオドと次の文の間は3mm空けろとか、怖ろしく形式ばってた。

興奮して、真っ赤になって地団駄まで踏んで怒る「おまえは見込みがない」と言う声が今も耳に響くような気がする。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-10-05 23:30 | SimpleLife/普段着の英語

好きだった先生

e0144237_0255046.jpg
どうもありがとう。Thank you very much.
どもありがと。Thanku veri mach!
それ私の発音のマネ?Are you copying me?
まさか!僕が?そんなイジワルするわけないじゃないか!Never. Me? NO! I’m not doing such a thing.
いっつもしてるくせに!You are always copying me!
ははは、ごめん。Ha, ha ha! I’m sorry.
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ

Vの実家近くに、Vが昔尊敬してたという先生の家がある。
家は今でもあるが、誰か別の人が今は住んでいる。
先生は引っ越して、遠い町で神父になったらしい。

Vはカレッジ(専門大学)でその先生に出会った。それまでは先生と言えば、どの先生もあまりよい印象がなかったと言う。

イギリスの学校の先生は、Vが子供の頃くらいまではまだ体罰が普通だったのだと言う。

ムチで腿をぶたれるなんて、当たり前だった。

生徒をいじめるのを楽しんでるのかと思えるほど、意地悪い先生もいたらしい。

日本と同様今では体罰は一般的じゃないということだ。
それに日本では向上心なんて、べつにどんな先生でも言いそうな気がするけど、Vによるとイギリスの労働者階級(どちらかというと裕福でない層)では、「我慢」を説かれることのほうが多く、改善や向上を求められることは、あまりないようなのだ。

貧しくても、苦しくても我慢し、大人の言うことはよく聞く、という教師の教えをVは必ずしも好きでなかった。

たぶんVが初めて好きになった先生は、Vの固有の能力を初めて積極的に認めてくれて、励ましてくれ、現状に満足しない向上心をVに教えてくれたのだろう。

Vはときどきその先生の影響について話す。
その先生の家の前を通ってVが「ここが先生の家だったんだ」と言ってから、
そこはまるで特別な場所のようなオーラすら放ち始めたかのようだ。


先生が住んでたテラスハウスは、他の近所のテラスハウスより庭は少し広いし、
庭の中もゴミなどなく、手入れがされてる。
テラスハウスの前、広々とした芝生や植木で整えられていて、ちょっとした公園のよう。

「先生が住んでた家だね」
自分にすごく厳しい人だったな。やっぱり、自分への厳しさや前向きさは必要だな」
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-10-05 00:31 | SimpleLife/普段着の英語

ちゃんと会えた

e0144237_23171051.jpg
なんでイギリス人の夫婦は年取っても手をつなぐの?
Why do old British couples hold their hands?
街でおたがい、はぐれないためだよ。So they don’t lose each other in a town.
愛しあってるからじゃなくって?Not because they love each other?
それもあるかもね。That is one of the reasons.
「愛しあってる」って素直に言えないのも、イギリス人だから?You can’t say “We love each other.” because you British are too shy to say that?
そうだよ。Yes.
■上の文での「素直」の語にそのまま該当する英語はないように思いますが、日本語のニュアンスとして訳しました。
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


ときどき夢を見る。

旅が多いからか、知らない町を、1人で歩いてる夢。
自分がどこにいて、どこに向かってるのかわからない。
コトバも通じない。

向こうからVが歩いてくる。

ホッとする。

でもVのほうは私に気づいてない様子。

夢はいつも、Vと触れ合える距離に近づく前に、終わる。


1人で旅をするのが、以前ほんとに好きだった。

でも最近は、そうでもない。


私とVは休日ばらばらにでかけて、途中で待ち合わせる、ということがある。

Vは携帯を持ったことがない。
その日、吉祥寺で待ち合わせてた日、中央線が何かの事故で止まった。
私はそのとき、携帯を持ってなかった。

中央線では、それほど珍しくはないけど、3,4時間も。

吉祥寺駅から井の頭公園に行く道の、公園のちょっと手前に焼き鳥屋さんみたいな居酒屋があって、その隣にスタバがある。
いっぱいある吉祥寺のスタバの中でも、そこが一番公園の緑豊かな気配がある。
私たちはよくそこへ行く。

Vはその日そこで私をずっと待ってたという。

私は、待ち合わせた吉祥寺駅構内のスタバで待っていて、ときどき、待ち合わせした駅の中の場所へ見に行った。

結局、その日吉祥寺では会えなかった。


何度か、Vとリノベの仕上げするため、横浜の家で待ち合わせしたことがある。

家の鍵は私が持ってて、私が先に着いてなきゃいけなかった。
なのに、5分くらい遅れて着いた。

あわてて走ってったら、隣に住む奥さんが「あら今ご主人とすれちがったわよ、駅のほうへ歩いてったわ」と言う。

そのあたりは駅がたくさんあって、私は別の駅から向かってたので、会わなかったのだ。

Vが向かったと言う駅へ走ってったけど、姿が見えないので、途方にくれて家のほうへ戻ると、Vが向こうからこっちへやってくるのが見えた。

会った時、Vに言った。

「夢と違って、ちゃんと会えた」

Vは一瞬だけふしぎそうな顔をして、笑顔になった。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-09-23 23:17 | SimpleLife/普段着の英語

FLLLPAとsimple life/普段着の英語について

e0144237_21032.jpg

■ブログのタイトルについて

FLLLPAは気持ちがへこんだときつぶやくため頭文字を覚えていたのを、ブログのタイトルにしました。
Far Look Light Laugh Positive Appriciate
遠くを見て軽い気持ちで、笑い、前向き、感謝

■もう一度訪れたい時は、googleか yahooで、「flllpa」か、「フルルルパ」と検索してください。

■プロフィール

広告や出版の制作関連の仕事、クリエイティブの仕事が大好きな、フリーランス。旅おたくなので毎日は働かずとも稼いでくれる、貸家業も兼業中。

■このブログのカテゴリー「simple life/普段着の英語 200801~」について

旅の過程で知り合ったVとの生活の中で、人が人生をどうシンプルに生きることができるかに興味を持ちました。よい意味での単純な人生とは何か、を描くことをテーマにしています。

さらに、各回の導入として(以前は最後に掲載していた)、各回のテーマについてVとしの会話を載せています。自身が留学する前、「国際結婚夫婦の英会話」といった内容の本を買いました。理由は自然でいながらネイティブ級な上級レベルでない英会話ってどんなものだろう、と思ったからですが、以前の自分のような読者の方に、自分たちの会話がヒントになればと思います。

なるべく間違いがないようにこころがけていますが、もし何かありましたら大変申し訳ないのですが、ご指摘いただければ修正し感謝いたします。

■固有名詞などについて
個人の特定がされる名称などは変更している場合があります。

■イギリス(UK/United Kingdom)はイングランド・スコットランド・ウェールス・北アイルランドからなっています。このブログで「イギリス」といえば「UK/United Kingdom」の意味で用いていますが、論文ではないのでときどきあいまいな表現があるかもしれません。ご了承お願いします。

■コメントは歓迎ですが、不適切な場合削除いたします。恐れ入りますがご了承下さい。

■カテゴリーが増えました。
他のカテゴリーについては、「profile」カテゴリー内、各説明ページをごらんください。

<写真について>
壊れた額ぶちの中の、昼か夜かわからない海の風景。
撮った場所:自宅 (額縁の風景はギリシャ)
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-09-07 00:27 | profile/プロフィール

「すいこまれそうな瞳」とバラ色

e0144237_23135666.jpg

どの花が一番好きなの? “Which flower do you like the best?”
バラ。イングランドの国花だよ。“Roses. Roses are flowers of England. ”
じゃあバラ園でお国に帰った気になるかもね。“Then you might feel at home in a rose garden? ”
そうだね!バラ園に行こうよ。“Yes! Let’s go to the rose garden! ”
○.・.。.・・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「普段着の英語」ピックアップ


「みつめられるとすいこまれそうな瞳」
「セクシー」
e0144237_0302197.jpg
妹や女友達が自分の夫をしみじみとこんなふうに表現したら動揺する?
私は動揺はしない。あまりにピンとこない表現に絶句する。

でもいちおう「まわりの女性にコクハクされたことは?」聞いてみる。

ところが答えはいつも
「そんなこと一度もないよ!僕は彼女たちの興味の対象じゃないらしいよ」
私の家族や友人に指摘される彼のチャームポイントは青い目ってことらしい。
でもイギリス人の半分かそれ以上は青い目だし、ふだん夫の目の色なんて意識してないしねえ。
ただ青いシャツ着たりすると青い目がますます青く見え、はっとすることがある。
雪の積もった日、青い傘をさして撮った写真の彼の目は、異様に真っ青に写ってた。
まわりの色が反映するんだね。



e0144237_048509.jpgこないだバラ園で、「ダイアナ后」って名づけられたバラがなぜピンクでシャルル・ドゴールって名のバラが紫か、という話をしたとき、じゃあ自分たちの色は何かしらって話になり、「あなたのの色は青だ」って、私が言った。目が青くて青い服が似合うからってだけじゃなくって、彼は青い空と青い海が好きだ。

青空が短い時間しかのぞかず、海もその空の色を映して灰色のイギリス。
その地から来た彼はいつだって南の海へ行きたがり、日本の夏のかんかん照りさえ嬉しそう。


e0144237_0205352.jpg「私の色は?」
「うーん、赤とかピンクとかそんな感じ」
「じゃバラ色?」
「そうかも」
「なんで?」
「よくそういう色の服着てなかったけ」

もちろん、「バラの花みたいに美しいから」とは言わなかった・・・


e0144237_0515048.jpgほんとは、私に「職場でクリックしてね!」とか言われて、毎日意味わからないまま開いてるこのブログの色が、脳内に残存してただけでは?

人気blogランキングへ←ありがとう。クリックするとランキングポイントに追加されます。

写真のバラ園への行きかたはこちら→「フローラルガーデンアンジェ」

6月のイメージを素敵に撮ってみた!
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-06-15 01:03 | SimpleLife/普段着の英語

案外小さいのかも?!

e0144237_159733.jpg
自分がお国柄地域柄に「ひえ~」って驚くのはつまり、ふつうは意識しないけど、考え方価値観の枠は無意識に、特定のひとたちのあいだで共有されてるもので、それと違う考え方の枠と会うと驚くんだと思う。

たとえば日本の文化が千年単位の歴史の上ではどれだけ中国に影響されてるかってことは好むと好まざるを関わらず事実。漢字の「漢」ってのは中国を意味するのだしそもそも。で言いたいことは、これだけ字をとりいれてるってのは、その字の意味する内容というか、考え方の枠も無意識にとりいれてるんだから!

言葉を勉強すると、言葉の背景にある文化や歴史を知りたくなる。言葉はそういうものとひとつっていう気がする。ほんとに、英語はヨーロッパ言語の方言のひとつみたいだし、ローマやゲルマンやいろんな歴史が言葉に織り込まれて。でもイギリスならイギリスの独自性も当然混ざりこんでるし、アメリカに行った英語はさらにアメリカならではの移民、アフリカ系の人たち、ネイティブインディアンやらいろいろ影響してるのかな。

やっぱり距離が他の大陸と離れてるために、日本語だって、ヨーロッパほど混ざってないかもしれないけど、今も「漢字」(中国語由来)とそうではない「かな」が混ざってて、漢語の多くは、中国からとりいれられたとき概念そのものも輸入されたはず。

地球って大きいようだけど、つながってて案外小さいのかもしれない。旅すると移動距離に比例し人間が、言葉と習慣が、同時にすこしずつズレて変形していくように思えます。
[PR]
by nanaoyoshino | 2009-05-29 01:52 | hundreds of days off