タグ:フェイスブック ( 2 ) タグの人気記事

フェイスブック。日本と欧米の使われ方

フェイスブック初心者なので推測ですが。

メールが導入された18年くらい前、(その前はメールなんてなかった)アメリカ人の友達から、気に入った冗談を集めたURLがbccでしょっちゅう転送されてきた。

英語で冗談なんて、いまだにわかるわけない。(笑いのツボって、相当ローカルなんだな)

こんなん、しょっちゅう送ってくるなよー、って思った。

近頃はイギリス人の友達は、笑えるYou Tube動画のリンクだけ貼って「見てー」と、一言二言だけ添えてときどきメールしてくる。

動画なら、動作のこっけいさとかなら世界共通に笑える。

メールに変わってそういう情報が、欧米ではフェイスブックでひんぱんに転送されている気がする。

いっぽう日本では食べものの紹介とか、ミクシィやブログでやってた情報伝達が今、フェイスブックでされている。

ミクシィとフェイスブックの違いとは関係なくて、日本人にとって食べ物と欧米人にとっての食べ物は、なんか意識のうえでしめる部分が違う、と言ったらいいか。


たとえば、あっちの大学で論文を書くとき、引用は必須。

引用というのはただの引用ではなくて参照でもある。

自分が考えることと似たようなことは、絶対に過去に、誰かがすでに考えている。(千年前に書かれたものかもしれなくても。そのために文字がある)

過去の人が考えたのと同じことを自分が考えたことのように言うのは間違いなので、過去の人がこう考えたけど自分はこう考えるということまで述べるのが正しいとされている。

誰かの言ったことを引用する、(ネットの世界では「転送」にあたる)ということが、日本人にとってと欧米人にとって、やっぱりなんか意識のうえでしめる部分が違う、と言ったらいいか。それは冗談というユーモアのセンスについても同じなんだけど。

だから気に入った情報をただただ「転送」するということが、今はフェイスブックでされている、もしかしたら最初からそういうことが主な使われ方だったのかもしれない。(ような気がする)



[PR]
by nanaoyoshino | 2012-06-27 11:17 | チェック!

ミクシィとフェイスブックはどう違う?

フェイスブック。
「ヒマなうちに使い始めよう」と思った。

次から次へと友達から友達へブラウズ。
「みんなどう使ってるのかなー」って。


フェイスブックの世界では、日本人もミクシィより国際的!!

ガイジンの友達がいる日本人の友達のフェイスブックをブラウズすれば、そのガイジンの友達は名前がガイジンで苗字が日本人の友達(ハーフ?海外に移住した日本人?)。

中国語やハングルは読めないので、日本人の友達の友達のアメリカ人からクリックしたらいつしかヨーロッパ人のページになっていた。

あれでも、フェイスブックでも案外、それ以上に情報公開してない人が多い。

30分くらいの間に30人弱ほどしか見ていないけれど、ミクシィよりもフェイスブックのほうがオープンかと思いきや、そうでもない。情報公開を友人に限って友人間のコミュニケーションに使用しているようす。

なんだ、実名原則以外、ミクシィと変わらない使い方なんじゃん。

日本人の友達のほうが情報公開をしてオープンな人が多い印象も。

フェイスブックの用語は、
「ニュースフィード」「ウォール」「タイムライン」とみんな、カタカナにしただけの英語なのに、「いいね!」だけ「ライク!」にしなかった。

でもミクシィとの大きな違いも、この「いいね!ボタンのような気がする。

押すだけで共感を伝えるツール。

とはいえミクシィが「タイムライン」だとか「いいね!」とか、最近はフェイスブックの用語を取り入れていてた。

同じにしたら存在価値がなくならないか?





両者のくわしい違いについては、以下の説明がわかりやすいと思いました。
Facebookとmixiの違いは? もう一度おさらいしてみる
[PR]
by nanaoyoshino | 2012-06-25 01:32 | チェック!