図書館の、子どもむけの本にはまってます

最近、またボランティアの手伝いで
世界の紛争について、調べています。

私は大学は社会科学系だったのに
こういうお固いことは、やっぱ苦手。

今地元の図書館に行って
いーなーっ!
て感心したのは、子供向けの社会科関係の、すっごくよい本が多いこと。

紛争や人権にかかわるのもいろいろあって、絵や写真が多いし文章もすごくわかりやすい。
ほら、紛争って、パレスチナがどうだ、イスラエルがどうだ、コソボがどうだ、ダルフールがどうだって
いっぱいあって、それも経緯も複雑で、超ド級にわかりにくい!

社会系とかの本ってわかりにくいのがあたりまえな感じだけど、子供向けはすごい、
すっきり1時間以内で1冊読めて、苦労なくわかるのは、得した感じ。

中学校向けくらいになれば、著者の独自性がわかるほどに高度な内容で
大人にもじゅうぶんな読み応え。

ただいつ図書館行っても、低くて小さなイスとテーブルが、
子どもじゃなくて私みたいな大人に占められているのが喜ぶべきかなのかどうか
よくわからないけど。

そういえば池上彰って人の名をよくネット上で見る。
いったいこの人、なんで人気なの?
子どもニュースで有名な人じゃなかった?

なんだろってウィキピディアで調べたら、週間子どもニュースも
子どもじゃなく大人が見ていたんだって。

それで番組終了したそう。

で、あの話はずれますが、フェースブック、最近プライバシーの問題で
アメリカでは下火ってニュース読んだけど、
私はぜんぜんトレンドに疎く、
誰も使ってない頃登録してソーシャルなのに相手がいなくて使えないまま
みんなが使っていたここ数年はおろおろしているうち一度も使わず
下火になった今ごろ、ちょっと時間できたし、使おうかなって考え始めた。

まわりで使ってる人は年下の人ばかりなのですが
みなさま、どうやって使ってるのか、よかったら教えてください。
(ネットでそういう情報いっぱいあるのは見たけど個人談で聞きたいです)

私はブログの延長で
メールで実際の友達に伝えリンクさせ
こんなイベントがいいよこの本読んだよっていう
紹介などしようかと。

個人名+フェースブックで検索したけど
同じような名の人いっぱいいて安心した。

誰からも検索されたいなんて
思ってないから、あくまでもミクシのようなノリで
でもミクシよりは広く浅く、
限定された知人間で使いたい。
[PR]
by nanaoyoshino | 2012-05-11 01:54 | hundreds of days off
<< 幻想としての"民族&... 放浪と計算 >>