英国の家

イギリスの家を買うことを検討しいろんな広告を見る。Vの実家が売られて、家族仲がよいVが、英国で滞在する家があるといいということと、イギリスの不動産市況は日本とまったく違うようなので、投資も考慮している。広告を見てると以前教会だったのが、信心深い人が減って教会を廃止し、かわりにアパートに改装した家とかもある。ネット広告の写真をクリックしたものの、写真の内装は教会のおもかげなんかが何もみつからなかった。

おもしろいのは、広告にほとんど築年数が書いていないこと。たまに書いてあっても小さく目立たない。築年数はあんまり気にされていないらしい。かわりにリフォームが何年にされたとか、正確な年でなくても「最近」と冒頭のほうに書かれていることが多い。

広告として目立つように書かれていた過去の例で覚えているのは、行政で保存レベルを指定されたたぶん築200年以上の家だったように思う。Vの家族から聞いたのでは、何かリフォームするときにきまりがあって特定のやりかたでしかできないため、予想外にお金がかかるかもしれないそう。かけるお金が限られる一般人は、そういう家は避けたほうがいいらしい。

古いと安いという法則はこの国ではなくて、どちらかというと逆。でもきちんとリフォームしてない家はどんなに古くても、当然その分は安く値付けされるらしくVの上のお姉さん夫婦の家はリフォームされてなくてほとんどスケルトン状態を安く買ったと聞いた。夫婦でお金がない時代のDIYから始めて毎年毎年、何十年もかけてリフォームしつづけ、リフォームが終わって初めてほかのことにお金をかけられるようになったそう。手をかけているので家がわが子のような感覚で、つい昨日までも地下倉庫のペンキ塗りを2人でやっていた。

イギリスの作家だと、家が印象的な物語が多い。例外なくとても古く、やっぱり築何百年という家で門から家の入り口まで歩いて30分くらいかかるほどの荘園にある。家にはたいてい、主人以上に長く家にとどまって誰よりも家のことを知って万端とりしきる執事や家事を管理する女中頭がいる。

飛行機の中で読むようジェーンオースティンを持ってきたところ、そういう家の主人は広い地所を所有し小作人を使って収穫した農産物などで収入を得ていた。執事が主人に気に入られると、執事の息子がオックスフォード(日本でいうと東大)に入れてもらったりしてしていたらしい。そして女中頭は日本の会社のお局さんが、若くして社長になった二代目よりいぱってるみたいに、若い主人以上にいばっていたり以前の主人を崇拝していたりする。「日の名残り」という物語では、執事なのに、家の外で間違われたまま主人のふりをする執事と、新参の女中頭の恋が描かれていたな。

Vの2人のお姉さんの家は築150年くらいだとしてもたぶん格別古いというほどではない。今私が居候させてもらってるVの下のお姉さんの家は、近くに海があって大帝国時代ふうリゾートホテルがある。昔読んだ記事でこういうリゾート地には貴族が別宅を持つことが多かったと書いてあった。もしかするとそのホテルも貴族の別宅を改装したもので、この家はそこから100mくらいしか離れてないので貴族の別宅の召使が住んでいたのでは?まああくまでもこれは想像だけれど、詳しい歴史は調べればわかるかもしれない。

そのホテルの表玄関は海に面して、ラウンジでは広々とした水平線と空白のような空が、視界を圧倒する。海と反対側はパブになっていて、近いのでお姉さん夫婦とわれわれ夫婦4人で木金土日と週4日は行っている。お姉さん夫婦はわれわれがいなくてもたぶんその頻度で行ってる。
[PR]
by nanaoyoshino | 2012-02-28 10:55 | hundreds of days off
<< お葬式のこと さよなら >>